top of page

プロテインは身体に毒?

タンパク質は不足がちだけれど、摂りすぎもダメ「何歳まで自分の足で歩けるかは、40歳からの生活で決まる!」と題したブログで、高齢になった時に筋肉が足りないと歩行困難になりやすいので、40代から意識的にタンパク質をとりましょう、という提案をさせていただいています。 この記事に対して冒頭のご質問をいただいたわけですが、もちろん、摂りすぎはダメです。プロテインに限らず、なんでも摂りすぎはダメ。記事の主題は「タンパク質は不足しがち」ということを指摘しておりまして、その対策としてプロテインをお勧めしています。ですので、決して過剰摂取してくださいということではありません。

牛肉を1.4キロ食べたら過剰です(そりゃそうだ) は、タンパク質の過剰摂取というのはどのくらいかということですが、体格の差などを考慮せずに大雑把に言うと一日に200gを摂ったら明らかに過剰です。牛肉に換算すると約1.4kg!プロテインに換算するとおよそ10回分。起きている間中、90分ごとに摂るとこのくらいになりますが、プロのボディビルダーでもこんなことはしません。タンパク質の半分を普通の食事から摂るとしても3時間ごとの摂取になりますのでかなり異常です。

確かに臓に負担はかかるけれど... タンパク質は糖質や脂質と異なり、身体に貯めておくことができないので、過剰摂取した分は排出しなくてはなりません。この時、タンパク質のままは排出できないので、最終的に腎臓で尿素という物質にします。この負担があるため腎臓が悪くなると言われるのですね。 とはいえ、腎臓に負担がかかるレベルの過剰摂取は前述の通り、かなり異常な状態なので心配する必要はありません。朝晩2回のプロテインで40gほどのタンパク質が摂れますので、残り数十グラムを食事から摂れば十分ということになります。 糖質(炭水化物)と脂質は摂りすぎに注意。タンパク質は不足に注意。 こんなふうに覚えておくとよいと思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page