top of page

一番便秘になりにくいのは…?

ビフィズス菌を増やすには? そこで食事の工夫ということになりますが、ポイントになるのはオリゴ糖。オリゴ糖はビフィズス菌の栄養になるので、普通の砂糖のかわりに料理に使うだけでメリットがあります。特に白砂糖は皮膚の老化に関係する糖化ストレスが大きいので、ある程度の年齢になったらできるだけオリゴ糖に切り替えるのが良いようです。 そのほかには、ビフィズス菌含有ヨーグルトなどの食品をとることと、場合によってはビオフェルミンなどの製剤で補うのもよいですね。 腸内環境は身体全体、ひいては脳の活動まで影響すると言われています。ビフィズス菌を増やして活力を維持していきましょう!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page