top of page

冬本番を前にお肌ケアを万全に!

乾燥しやすい冬は皮脂膜が乱れる 冬の肌トラブルの代表といえば「乾燥」です。気温が低くなり湿度も低下する冬は肌が乾燥しやすくなります。そのため、皮膚の一番外側にあって、皮膚からの水分蒸発を防ぐ皮脂膜が乱れ、バリア機能が低下します。そこに寒冷刺激や温熱刺激、衣服との摩擦などが加わると、かゆみや発赤、発疹がでるようになってしまうのです。

温度刺激によるじんましん バリア機能が低下した肌に寒冷刺激が加わると「寒冷じんましん」が発生しやすくなります。寒い外気にさらされたり、冷たいものに触れていることで生じるじんましんで、かゆみを伴う赤い発疹ができることが特徴です。 反対に、温かさが刺激になって同様のじんましんが生じることもあり、こちらは「温熱じんましん」といいます。ストーブ、カイロ、ホットカーペットなどからの刺激が原因になることが多いようです。 いずれもかゆみ物質であるヒスタミンの大量分泌が原因になっていて、寒冷じんましんは温める、温熱じんましんは冷やすことで症状が治まります。

なにしろ保湿&保温 結局のところ乾燥と低温で皮脂膜が乱れ、バリア機能が低下することがきっかけになっているので、予防は保湿と保温が基本です。 ★皮脂膜を保護するために、入浴時にナイロンたわしなどを使わない。 ★お風呂から上がったらすぐに保湿剤を使う。 ★お風呂上り以外でも乾燥を感じたら保湿剤を使う。 ★加湿器などを使って室内の湿度を50~60%に保つ。 ★外出時にはなるべく外気に肌をさらさない。 などなど…できるところから始めてみましょう!

コロバニィの新製品もリリース予定お肌対策用の新製品も近々リリース予定です。こちらは自律神経のコンディショニングによる根本的な改善はもちろん、遠赤外線+抗酸化で複合的にお肌をケアする製品になります。お楽しみに!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page